物件の売買時にかかる費用が知っておこう

>

売買時にかかる不動産手数料

もう少し詳しく不動産仲介料について説明

売買する側としてはできれば支払いたくない不動産仲介料。
インターネットで検索すると、うちなら可能!最大無料!半額!!
など、不動産仲介料をサービスすると言う広告を打ち出している業者も見かけます。
法が定められたのはインターネットが普及していない昔です。法は相変わらず変わってはいませんが、時代の流れで営業方法は多様化してました。
法的に認められている不動産仲介料について知っておくと査定の目安になるかと思うので、もう少し詳しく説明させていただきます。
物件価格の3%と言うのは単純に物件価格に3%を掛けたものではありません。
少々ややこしいのですが、この計算式が適用されるのは400万以上(ア)の部分のみです。
200万までは5%(イ)、200万~400万は4%(ウ)で組み合わせて計算します。
例えば2000万の物件の場合(イ)10万と(ウ)8万と(ア)48万の合計66万と言う事になります。

安い方が良いに決まってる?

計算式もややこしいし、無料や半額の仲介手数料の業者があるなら、安い方がお得なように感じますが、果たして本当にお得なのでしょうか。
仲介手数料の収入が不動産会社の売上と直結します。
この部分を値引くと言うのは顧客獲得の為とはいえ大変な事です。
一般的に不動産仲介料が高いと言うイメージもあるので、仲介料を値引きしてくれると親切な不動産屋に感じてしまいますが、からくりがあって、実は損はしないようになっている事もあるので、安易にその部分だけに注目しない方が良さそうです。
広告費や宣伝活動を安くすませ、スピーディな売却をする為に、物件価格が安くなってしまう事もあるそうです。
物件によるかもしれませんが、状況によっては手数料を安くと考えるよりも、物件価格を高く値がついた方が総合的に考えれば良い場合もありそうです。